ストレイン・カウンターストレイン | 整体は大阪心斎橋のエルンテ整体院

大阪心斎橋のエルンテ整体院 院長

このページでは当院の整体「体話式快復操法」の一つであるオステオパシーの代表的な手技「ストレイン・カウンターストレイン」について詳しく説明しています。

ボキボキしない、歪みを整える、身体にやさしい安心の手技

身体の痛みの原因は

  • 筋骨格系の歪み
  • 自律神経系の誤作動
  • 内臓に起因する疾患
  • 精神的ストレス

などが原因で起こると考えています。

これからご紹介する手技「ストレイン・カウンターストレイン(以下カウンターストレイン)」は、主に筋骨格系の歪みの調整に十分な効果を発揮します。

実際に体験してみると、よくある整体のイメージのような「ボキボキ鳴る」とは全く正反対で、身体にやさしく安心感を感じながら調整が終わっていくのです。

骨を支えている筋肉が歪みの原因

世間一般的には、まだ「骨自体が歪みの原因」であると考えられているようです。

しかし、学生時代にあった理科室の骨格標本を思い出して下さい。
骨格標本は自分で立つことはできません。

骨格はそれを支える筋肉、筋肉を覆う筋膜、靭帯などの軟部組織によって、その形を保っていられるのです。

骨や関節自体が歪むのではなく、それを支える筋肉などの軟部組織の動きがバランスを崩すことで骨格が歪み、身体の機能障害や痛みへと繋がっているのです。

特長その1 痛くない方向に動かし、じっとして歪みを整える

いまだに世間一般として「整体=ボキボキ骨が鳴る⇒だから痛い・コワイ」というイメージがあるようです。

このカウンターストレインは「骨を正しい位置に動かして歪みを整える」のではなく「痛くない方向に動かして歪みを整える」ので、技が掛かっている最中は痛くありません。

人間は体が痛い時、実は痛みから逃れようとする動きや姿勢を取ります。
カウンターストレインを行う時、クライアントの方が取る姿勢はこの「痛みから逃れようとする姿勢」にとても似ています。

日常生活でも、身体の動きや姿勢の位置で痛みがある時には、それを避けるような動きや姿勢を取ることは、快復のためにとても重要なことなのです。

特長その2 90秒で調整完了。

カウンターストレインのもう一つの特長として
「最低でも90秒同じ姿勢を取り続ける」
ことが挙げられます。

カウンターストレインは、アメリカのジョーンズ博士によって「発見」もしくは「発明」された手技だと言われています。カウンターストレインが現れる以前は、例えば腰の痛みに対してはマッサージ的な強い力で行う手技が多かったようです。

ある時腰痛で来院したクライアントに対して、博士は忙しかったため、その方の腰にとって最も楽な姿勢を取れるようにしておきました。すると20分後にクライアントの方がおそるおそる真っ直ぐ立ってみると「全然腰が痛くない!」と症状が消えていたのです。

その後、ジョーンズ博士らの研究により「同じ姿勢を取る時間は最短90秒」であることが明らかになりました。

特長その3 脊椎や骨盤の歪みなどに効果的

身体の不調の多くは、脊椎の左右から出ている一対以上の神経の流れが阻害されて起こったりします。脊椎の歪みにより、神経の流れは阻害されやすくなります。

また骨盤の仙腸関節の左右のバランスがおかしいと、身体全体のバランスを狂わせやすくなります。

カウンターストレインはその脊椎や骨盤の歪みをピンポイントで調整を掛けていきます。そのため施術において必要最低限の刺激のみになるので、身体に余計な負担が掛かりにくくなるのです。



〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-5-2 小寺ビル2F
電話:06-6245-3267
地図や道順はこちらから
健康や身体、整体に関するご相談は、大阪心斎橋のエルンテ整体院にお任せ下さい!

当院は民間療法の整体院です。医療機関ではありませんので診断・治療行為は一切行いません。
またサイト内の体験談や感想は個人の体験・感想であり、すべての人に整体の効果を保証するものではありません。



このページの先頭へ